ノートPCの最近のブログ記事

ASUS EeePC 1215N

| コメント(0) | トラックバック(0)


Atom D525に次世代nVidia IONを搭載し高いグラフィック性能を誇る異色のネットブック。OSにはWindows7 Home Premium、ディスプレイ解像度は1366 x 768と事実上、ネットブックの枠を外れた高性能モバイルノートといえるだろう。HD動画再生はもちろん、3D処理機能がこの価格帯のモバイルノートでは最も高い水準にあり、並みのPCゲームなら軽々遊べる。

インターフェースもUSB3.0を2基搭載し、SDXCカードに対応しているなど注目する点が多い。特に記憶装置の容量に制約の多いネットブックタイプで、外部ストレージとして利用できるSDカードで大容量のSDXCが利用できるのは、先々のことを考えても好ましい仕様といえる。MacBookAirの完成度には及ばないかも知れないが、価格の安さ、インターフェースの多さを考えると事実上のMacbook Air対抗のWindowsマシンといえそうだ。

レッツやMacbookAirといったモバイルノートに比べるとバッテリ駆動時間で見劣りするが、CPU、GPUの処理性能などは普通の消費者なら十分すぎるほど高いのでメインPCとしても買えるだろう。



64ギガバイトのSSD、2ギガバイトのメモリを積んで10万円を切る価格に設定されたモバイルノート。HDDの代わりに現在はまだ割高なSSDを搭載するのは、耐衝撃性を重視したモバイルノート製造がお家芸な日本の老舗モバイルノートメーカーでも少ない。あえてそういった他のノートメーカーで容量大きめのSSDモデルを選択するなら下手をすると20万円近く割高になることが多い。しかもWindows系のPCより基本的に割高な価格設定が多かったMacで、さらにモバイル特化設計したノートほど割高になる傾向が強いだけになおさら驚きがあるお買い得ノートといえるだろう。

OSのインストールメディアもUSBメモリタイプになっているので光学ドライブがなくても再インストールは手軽にできる。CPUもCore2 DUO、GPUはNVIDIA GeForce 320Mを搭載しており、SSDの高速性能ともあいまって、単に機能を削って軽量化・小型化しただけのネットブックとは一線を画す処理性能の高さを持っている。

もっと高い値段をつけてもよいのにこの価格で出したジョブズの、モバイル分野でイニシアチブをアップルがとっていくのだという強い意思を感じざるを得ない。iPhone、iPadと次々と話題性のあるモバイル端末を投入して市場を切り拓いているアップルにが、とりわけモバイルノート市場の重要性も強く意識しているということだろう。今後、この分野が主戦場になると見てこれほど魅力的なノートパソコンを投入してきているのだから、素直に購入したほうが賢い買い物なのは確実といえる。

おまけにアップル自慢のiLifeソフトウェア群の利用はもちろん、iPodやiPhone、iTunesとの連携性も充実したこのMacBookAirは、BootCampを活用してWindowsもインストール可能ときている。OSのデュアルブートも手軽にできるこの魅力的なアップル製のハードウェアは、爆発的な広がりをみせるiPhone用、android用アプリの手軽な開発マシンとしても使うことができる。むしろハードからOS、ソフトまで一貫して生産する魅力的なメーカーが存在しないWindowsのユーザーだからこそぜひとも選びたい一品だ。

+ ASUS 15インチノートPC K52F Core i5 K52F-SX005V +
ASUS K52F
ASUSTek
おすすめ度:★★★★★

Amazon.co.jp



インターネットゲームもできる!
おすすめ度 ★★★★★

インターネットゲームはパソコンの処理性能を示す格好のものですがはっきり言って問題無くとてもスムーズです。
プレイゲームは戦闘アクションのカウンター・・・ですがまったくスムーズです。ブルーの画面も出ず、固まったことはありません。
安定した動作です。
(グラフィックカードのインテルHDはインテルのサイトでは「かなりできる」「できるであろう」という意味合いのものでした)
ヘビーユーザーでなければ問題無しです。ことにこの価格でスタイリッシュノートブックで仕事にも使いたくなるようであれば
大満足です。私の場合デスクトップを買う意味が無い位です。
あとパソコンと同じ位大切なのがわからないことを聞くコールセンターの対応です。待ち時間は私の場合休みの日でも3分以内
でで出てくれます。それだけアクシデントが少ないのでしょう。それと人にもよりますがとても対応が丁寧でストレスはまったくありません。
前の某有名海外パソコンをメーカー直販で買ったら不良品で電話も40分待ちは当たり前で出てくれてもストレス疲れがすごいみたいで
ひどいものでした。
あと特筆すべきは保証期間が2年という事です。
普通は1年ですがこれはとても心強いものです。(ちなみに前の海外有名メーカーは1年でした)

海外メーカーの通販はどうかとも思ったが間にアマゾンが入っていることもあり買うことにしました。
実は有名海外パソコンメーカーのパソコンをメーカー直で通販で買って不良品が来て交換もできずにとても後悔したのでした。
だからこのトラブル無しのパソコンを買ってとても良かったです。コールセンターも親切ですし保証期間が2年というのは
すばらしいでしょう。



値段、性能とても良いです。
おすすめ度 ★★★★★

動作もサクサクで、とても満足しています。
ゲームはしないので何とも言えませんが、インターネットや文書作成ぐらいであれば十分です。

無線LANやBlouetoothも付いており、機能としても申し分ないです。



概要
グラフィックス機能を内部に統合し、画期的な最新のインテル Core iプロセッサーを搭載。スマートなコンピューティングを実現する、インテル ターボ・ブースト・テクノロジーにより使用状況に応じてダイナミックに処理速度を向上させることができます。さらに両モデルともインテル ハイパー・スレッティング・テクノロジーが搭載され、1つのコアで複数のスレッドを実行することで高度なマルチタスク機能を提供します。パームプルーフ・テクノロジーを搭載し、快適な入力が可能なマルチタッチパッド。タッチパッドを操作する指先と、手のひらなどを認識し、指先以外がタッチパッドにふれた際でも、カーソルの位置が変わらない技術です。キー入力中におもわず手のひらがタッチパッドに触れてしまった際、カーソルが別の場所に移動することを防ぐことができ、快適な操作性を提供します。64ビットシステムで快適で安全な操作環境。 64ビットテクノロジーで高速に稼働し、かつ洗練されたインターフェースの「Windows 7 Home Premium 64ビット」を搭載しています。インテル Core i5-430Mプロセッサーと、4GBのDDR3メモリを標準搭載し、複数の作業を同時に行う場合など、64 ビットシステムならではのスピードと安定性を実感できます。さらに、ウィルスやマルウェアからシステムを安全に保護するために、より高レベルのセキュリティ機能を装備しています。 /

ASUS K52F


+ Lenovo Notebook ThinkPad Edgeシリーズ 13.3インチワイド液晶 グロッシーブラック 01974XJ +
Lenovo Edge
Lenovo
おすすめ度:★★★★★

Amazon.co.jp



ちょっといいデキのCULV
おすすめ度 ★★★★★

値段的に据え置きノートと大してかわらないけどモバイルノートよりも安い
ネットブックよりはだいぶ高スペック
重量はワンスピンドルだけどちょっと重い
PCとしてそこそこ使える機能とスペックとモバイル性と値段が全て良い意味で妥当なかんじ
まあ何よりもあまり妥協したという印象は受けなかったのがよい
キーボードがネットブックやCULVや安モバイルノートPCの中でもまあかなり良い方だと思う
液晶はノングレアが良かったけどモノとして見たらツルテカ液晶&天板もサイドのエッジのデザインもカッコイイので満足


※追記
液晶パネルの色設定がやたら青いのはいつものレノボの仕様?なので気になる場合はLCDの色設定要す
ヘッドホン/マイクコンボジャックに直接ヘッドホンを接続するとPCの負荷によってチップノイズだかラインノイズだかが乗ります(HDDのノイズの可能性もありうる)
これで音楽聴く人は注意されたし
CPUの省電力機能が常に動的に働くので微妙な負荷の掛かる動画等観る時はCool'n'QuietをオフにしないとCPUクロックが上がったり下がったりでもたつく場合がある
HTも同じく固定にしたほうがいいかもしれない
ネットブック同様1080Pの動画はキツイ720Pの動画全てがスムーズに再生されるわけではない
動画音楽ゲーム用途はちょっと難有りで色々と工夫がいるのでネットブックよりマシなモバイルノートかユニークPCと割り切って使うべし
必要最小限の構成というか...値段が値段なので色々な望みを詰め込んでアレコレなんでもこなすってのは少し難しいみたいね^_^;



こどもに買いました
おすすめ度 ★★★★☆

子供用に買いました、思っていたより液晶がきれいで満足してます。



概要
【Lenovo ThinkPad Edge 薄型ノートPC Windows7 13.3型 HD液晶 0197-4XJ グロッシーブラック】 先進の新デザインに、高い信頼性と使いやすさと先進の機能を凝縮 ■商品詳細■ ハードディスクドライブ 320GB マウス 無 TVチューナー 無 OS Windows 7 Home Premium 液晶モニターサイズ 13.3型 ※ワイド液晶(1366 x 768ドット) 標準バッテリ駆動時間 3.4時間 重量 1.64kg 幅 332mm 高さ 17mm ※最薄部 31.3mm ※最厚部 奥行き 228mm 商品の詳細はご注文前にメーカーサイトもしくはカタログ等で御確認ください。

Lenovo Edge


+ Lenovo Notebook ThinkPad X100eシリーズ 11.6インチワイド液晶 ホワイト 287638J +
Lenovo X100e
Lenovo
おすすめ度:★★★★☆

Amazon.co.jp



サブノートとしては必要十分以上
おすすめ度 ★★★★☆

2010年夏モデルはdual coreモデルになりました。dual coreであるに越したことはないかもしれませんが、webの閲覧、Office書類の作成、twitterなどなど、一般用途では冬モデルのsingle coreでも十分です。dual coreになって白ボディがなくなってしまったため、白がいいという人は早めに入手しましょう。
発熱はネットの情報通りで、決して冷え冷えのCPUではありません。ここは次世代に期待でしょう。ファンはうるさいときもあります。ふだんは静かです。バッテリーのもちはよく、ユーティリティによる電源管理が秀逸なのでバッテリーのことを気にせず仕事に集中できます。(5時間連続で仕事することはふつうないでしょう?)
ハードディスクのアクセスインジケーターがないのがちょっと不安です。SSDに換装すれば気にならなくなるでしょうか。おそらく省電力のためハードディスクを止めているのか、ときどき文字の変換をし始めたときなどに待たされます。
液晶はちょっと細かいです。あと5年たったら、老眼で読めなくなりそうです。
キータッチはとてもいいです。キーボードがたわむ感じはまったくせず、さすがthinkpadです。タッチパッドとトラックポイントが両方使えるのもよく、これらの切り替えもFn+F8キーでいつでも可能です。
5万前後でthinkpadが最新のOSを積んで買えるのだからすばらしいです。



Lenovo X100e


+ ASUS EeePC 1201T 12.1型ワイドTFTカラー液晶 AMD MV40搭載 ボルドーレッド EEEPC1201T-W7RDM +
ASUS EeePC  	 ASUS EeePC 1201T
ASUSTek
おすすめ度:★★★★★

Amazon.co.jp



動画が見れるネットブックです!
おすすめ度 ★★★★★

嫁専用機として購入しました。

買ったとたん値下がりしたのが残念ですが、
4万円でこの動画再生能力...アリですか!?
本当に驚きのマシンですね。

嫁の要望はネットサーフ&YouTubeだけなんですが
720PのMP4(HD)動画が鬼門なんですよね。
1201Tは、「コマ落ちに気づくかな?」という程度で普通に見れます。

ちなみに自分用に古いLaVieも使っているのですが 同じ動画で
こっちはかなり紙芝居(Pentium M1.6GHz+RADEON9600)、
Core2Duo1.8GHz+オンボードGPUのノートPCでもCPU使用率は80%超でした。
1201TはオンボードGPUが相当支援してるってことですよね?
何にせよ、これなら安心して嫁に渡せます。

色は好みが別れるでしょうが、実機はワインとマルーンの中間という感じ。
外はつや消し 中はつやあり塗装で、キーボード部はブラック一色。
配色のまとまりはなかなか良いです。

バッテリー持ちも良いですし、液晶も明るく癖がなく十分綺麗。
フルバージョンのWin7、造りも値段以上、そして安い!!
お金があれば自分用にももう一台ほしいくらいです。
(本当は、こういうのをネットブックと呼ぶべきですよね。)

少々欠点はあれど文句なし、星5つです。



良い商品です!
おすすめ度 ★★★★★

EeePCとしては熟成されています。キーボードの質感が向上し打ち込みやすい印象です。昔の大きめの電卓を叩く感覚に似ています。
ATI RAIDON in AMD CPU のためにyoutubeの動画再生も滑らかです。
外付けDVDがあればなんでも普通にできると思います。 しかもかなり軽いので持ち歩くのもあまり苦になりません。
バッテリーも普通に4,5時間使用可能です。安く購入することができれば最良の選択になると思います。Windows7 Home premiumですのでかなりお徳ではないでしょうか。
学生さんなど始めて購入する際にこのEeePC 1201T検討されてみてはいかがでしょうか?お勧めです!



これはいい!
おすすめ度 ★★★★★

ネットブックもようやく実用的になってきたと感じさせる機種です。
S101を以前使用していましたが、何かと動作にもたつきを感じていました。
EeePC1201Tは持ち運びも楽で、文書作成しながらネット、動画鑑賞や音楽を
聴いてもストレスのない動作は評価できます。良い買い物をしました。



文書作成がしっかりできる コストパフォーマンス良
おすすめ度 ★★★★★

液晶が大きくて、キータッチも良いため、
文章作成の用途には◎。
作業に集中できる。ここがネットブックとの最大の違い。

バッテリーは4時間弱程度。
ここをどう捉えるかだが、
出先でしっかりと文章作成をやりたいという方なら
文句なし。

グラフィックもそこそこ力がある。

コストパフォーマンスはかなりよいので5つ星評価とした。



グラフィックがとても速い
おすすめ度 ★★★★★

ネットブックとバカにしてはいけない。
このマシンのグラフィックの性能は、一昔前の
ゲーム用の高性能デスクトップ並であった。
軽めの3Dゲームならスムーズに動いてしまう。
AMD MV40 の実力は凄い。
これを使うとAtom プロセッサのノートは使いたくなくなります。



概要
◆A4ノートクラスの快適な操作性能「Eee PC 1201T」は、アスペクト比16:9で、Eee PCシリーズ最大の12.1型ワイドの大画面は、一般的な10型ネットブックの1.4倍のサイズで、見やすく快適な文書作成やネット閲覧が可能です。また、省電力性とパワフルさを両立した「AMD Athlon Neo プロセッサ MV-40」を搭載し、入力しやすいフルサイズのチクレットキーボードとマルチタッチ対応のタッチパッドを採用することで、A4ノートパソコンと同等の快適な操作性能を実現しました。◆優れたグラフィックス性能「Eee PC 1201T」は、優れたグラフィックス性能でエンターテインメントがより楽しくなります。「Eee PC 1201T」に搭載の「ATI Radeon HD 3200グラフィックスアクセラレータ(チップセット内蔵)」は、通常のモバイルデバイスよりも高いグラフィックス性能をもち、高解像度動画やゲームも滑らかに再生することができます。さらに動画再生支援機能により、コントラストの最適化、インターレース解除、ノイズリダクションなどの映像処理を行い、画質をより美しく向上させることが可能です。◆パワフルな処理能力で高いモビリティ性能「Eee PC 1201T」は、見やすい大画面とパワフルな処理能力を、重さ約1.46kg、最薄部27.3mmのコンパクトでスタイリッシュなボディーに収めました。ASUS独自の省電力機能「Super Hybrid Engine」により、最長約5.2時間のバッテリー駆動を実現し、ACアダプターも小型設計のため、快適に持ち歩くことができます。ワイヤレス機能もIEEE802.11b/g/nおよびBluetoothをサポートすることで、外出先でも活躍する高いモビリティ性能を誇ります。 /

ASUS EeePC ASUS EeePC 1201T




低価格のネットブックより上位の性能を搭載したコストパフォーマンスの高いCULVノートの中でも特に高い人気を持つのがこのASUSのUL20Aだ。マイナーバージョンアップした後継のUL20FTも登場したが搭載CPUのU3400がHyper Threading / Turbo Boostをサポートしていないので性能・処理速度的にはほぼ変わらないと言っていいだろう。

OSはWindows7のHome。デュアルコアCPUにディスプレイには12.1インチのワイド液晶(LEDバックライト)を採用しメモリはサブノートながら標準で2ギガも搭載している。HDD容量も320Gもあり、このタイプのノートPCの用途なら容量で困ることはないといえる。グラフィックもインテル4500MHDなのでウェブ動画サイトのHD動画などの再生で困ることもない。ネットブックの価格帯とほぼ変わらない価格でこの薄さの高性能サブノートPCが手に入るならこちらを選ぶ消費者が多いのも当然のことだろう。

DVDなどを再生する光学ドライブは内蔵していないので別途USB接続の外部ドライブを用意する必要がある。リカバリディスクの作成などのためにも同時購入しておくことが望ましい。





CPUにCore i5-450M processor (2.40 GHz)を搭載したパワフルなモバイルノートパソコン。
OSにWindows7 Home premiumの64ビット版を採用し、メモリも2ギガを標準で搭載するなど単にモバイルにとどまらない、メインPCとして利用できる十分な能力を持っていながら価格が抑えられており売り上げランキング上位に食い込んでいる。

液晶ディスプレイは13.3 型 WXGA。外部出力にHDMIポートを用意しており、USB2.0が3ポート、メモリも最大で8Gまで積むことができるなど拡張性も高い。BluetoothやIEEE802.11 b/g/nのワイヤレス機能のほかLANポートが搭載されているので出先でのネット接続に困ることはほとんどないだろう。ウェブカメラもあるのでネットブック的にスカイプを利用することもできる。

DVDなどを再生する光学ドライブは内蔵されていないので、USB接続の外部ドライブを一緒に購入しておくとリカバリディスクの作成などで便利になるので買っておこう。



おもな仕様は下記のとおり。

  • USB : 3xUSB 2.0 ports●映像出力 : HDMI port with HDCP support、External display (VGA) port●外部接続端子(その他) : DC-in jack for AC adapter●音声出力 : Headphone/speaker/Lin-out with S/PDIF Jack、Microphone-in Jack●Software : Acer eRecovery Management●付属品 : 65W AC アダプター、電源ケーブル、バッテリー、保証書、クィックセットアップ(Boxtopper)、ノートPC説明 (Addendum for notebooks)、国際旅行者保証書、クィックガイド、汎用ユーザーガイド、クリーニングクロス
  • 型番 : AS3820T-N52B
  • ディスプレイ : 13.3 型 WXGA (HD) 1366 x 768 200nit(外部ディスプレイ最大解像度 2560x1600)
  • OS : Windows 7 Home Premium 64ビット正規版
  • Office : 別売
  • CPU : Intel Core i5-450M processor (2.40 GHz)Intel Turbo Boost Technology搭載
  • メモリー : 2GB(2GB×1)DDR3 SO-DIMM 1066MHz(デュアルチャンネル対応 空きスロット×1 最大8GB)
  • HDD : 250GB HDD(5400rpm / シリアルATA / 2.5インチ)
  • Chipset : モバイル Intel HM55 Express チップセット
  • Graphic Card : Intel HD グラフィックス (メインプロセッサーに内蔵)
  • Wireless : IEEE 802.11 b/g/n2.0 Wi-Fi CERTIFIED
  • オーディオ : ドルビーホームシアターv3 スピーカーX2
  • LAN : Ethernet (RJ-45) port(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T LAN)
  • Bluetooth : Bluetooth 3.0+HS
  • 光学ドライブ : 別売
  • バッテリー : 6Cell (8時間)
  • Camera : Acer Crystal Eye WEBカメラ (130万画素)
  • サイズ : 324 (W) x 235 (D) x 22/28.9 (H) mm
  • 重量 : 1.8 Kg
  • エネルギー消費効率 : I区分 0.00019(AAA)
  • カードリーダー : 5-in-1 card reader (SD, MMC, MS, MS PRO, xD)



見やすい15.6インチ光沢液晶とブルーレイディスクドライブ、最新のAMD AthlonTM II Dual Core M320を搭載したお買い得なデスクノート。グラフィックにはATI Mobility Radeon HD4200を搭載しブルーレイ動画もらくらく再生でき、ノートパソコンでありながらそこそこのゲームプレイも可能でユーザー評価も高い。

東芝のL35がOSにWin7のプロフェッショナルを採用したビジネスモデルだったのに対して、こちらは光沢液晶を採用するなどしてエンタメ性能を強力に底上げしたデスクノートと言えるだろう。同じく人気のMSIのCR500の上位モデルに相当し、CPUもOSも64bit版が採用されているので性能は高くなっているが、価格差は1万円もなくブルーレイ対応なのでかなりお得感がある。発熱の心配はそれほどないが、念のため冷却台もあわせて買って長く愛用しよう。

メーカー公式サイト



主なスペックは下記のとおり。メモリが標準で2ギガあり、一般的な用途では必要十分といえるが2ギガの増設メモリも一緒に買っておくとさらに動作に余裕が出てくるので買っておきたい。

  • OS : Windows 7 Home Premium 64ビット 正規版
  • 搭載CPU : AMD AthlonTM II Dual Core M320
  • クロック : 2.1GHz
  • メモリ(最大容量) : 2GB (最大4GB)
  • スロット数(空き) : DDR2-800x2GB、(SO-DIMM 空きx1)
  • HDD : 320GB
  • モニタサイズ : 15.6インチ光沢液晶(1,366×768、16 : 9)
  • グラフィック : ATI Mobility Radeon HD4200
  • ワイヤレス : IEEE802.11 b/g/n
  • ドライブ : Blu-ray Disc ドライブ(スーパーマルチドライブ機能対応)
  • IOポート : VGA×1(D-Sub15ピン)、USB2.0ポート×3、マイク入力×1、ヘッドホン出力×1、RJ-45 LAN×1、HDMI出力×1、Express Card 54/34スロット×1
  • バッテリー : 6セル リチウムイオン
  • カードリーダー : XD/MMC/SD/メモリースティック/メモリースティック pro対応
  • 内蔵カメラ : 130万画素
  • サイズ : 374x247x18mm (幅x奥行x高さ)
  • 重さ : 2.54kg



長く売り上げランキング上位にランクインしている人気のデスクノートパソコン。ネットブックと競合するほどの価格帯の安さでDVDスーパーマルチドライブ、デュアルコアCPU、Windows7homeを搭載しているなど充実したスペックが人気を呼んでいる。

その人気の高さはユーザーグループが作成したまとめサイトの情報の充実ぶりからも知ることができる。メーカーのサポートなどよりはるかに充実したサイトのおかげで、初心者ユーザーでも機能を十二分に使いこなすことができるだろう。

MSI CR500まとめ@wiki
メーカー公式サイト




グラフィックスにはNVIDIA GeForce 8200M Gを採用しており、高度な3Dゲーム以外ならとりあえずは楽しめるレベルで、これ1台あればほとんどのユーザー需要は満たしてしまうオールインワンのデスクノートといえる。

カテゴリ