シグマ DP2s COMPACT DIGITAL CAMERA

| コメント(0) | トラックバック(0)
+ シグマ DP2s COMPACT DIGITAL CAMERA +
SIGMA DP2s
シグマ
おすすめ度:★★★★★

Amazon.co.jp



唯一無二のカメラ
おすすめ度 ★★★★★

 まず、木の葉を撮ってみてください、きっとその存在感のある絵に驚かれることでしょう。チープな外観からは想像できない解像感、ありとあらゆるものを撮ってみたくなります。そして気がつけば毎日持ち歩くようになっている...そんなカメラです。



最高
おすすめ度 ★★★★★

 まだ購入してはいませんが、これはものすごいデジカメです。ズームは出来ませんが、最大で2640×1760ピクセルの非常に綺麗な写真を撮ることが出来ます。画角は人間の視野と同じくらいのようです。また、DP2sはヨドバシカメラで確認したのですが、ISO感度が50での撮影が出来ます。
 すごい所はまず、X3ダイレクトイメージセンサーがすごいです。
 このカメラに使用されている撮像素子のサイズは20.7×13.8mmであり、他のデジカメに比べて大きい方です。大きいだけならあまり驚くことではありませんがこれの本当にすごい所は"フルカラーキャプチャ"を実現したということです。これについては是非SIGMAのwebサイト「http://www.sigma-dp.com/DP2s/jp/」を見て感動していただきたいです。
 DP1に比べても消費電力の減少や動作の向上が実現できたらしく、秀逸なカメラであると思われます。私は絶対に購入します。



概要
一眼レフサイズの大型イメージセンサー搭載
「シグマ DP2s」に搭載されているセンサーサイズは20.7mmx13.8mmとデジタル一眼レフカメラと同等の大きさを誇る。 一般的なコンパクトデジタルカメラに搭載されている1/1.8型~1/2.5型センサーの約7倍~12倍の面積。 1画素の大きさは7.8ミクロンで、小さいセンサーサイズを細分化して画素数だけを増やす「高画素」とは違い、大きな画素ピッチに配置された大きなフォトダイオードがピュアでリッチな光を効率良く捉え、高い解像度、豊かな諧調をもつ真の高画質を実現。

フルカラーイメージセンサー
シグマのSDシリーズ及びDPシリーズ以外の、市場で売られているほぼ全てのデジタルカメラのセンサーは、基本的にはそれだけでは色を取り組む事ができないモノクロームセンサーで、センサー表面にRGBの3原色を規則的に配置したカラーフィルターを配置して色を取り込む。 また色の補間処理を演算により行い、隣接するピクセルから失った色を推測して造り出す。 この際補間処理のミスにより、偽色と呼ばれる被写体と何ら関連の無い色が発生する事がある。 DP2sには、RGB全色を3層で取込む事ができる画期的なフルカラーイメージセンサーを搭載し、シリコンの異なる深さに配置されている3つの層が、センサー表面に近い方から順に青(B)、緑(G)、赤(R)の光を取込み、画像を生成する。 原理的に偽色が発生しない為、非常に精緻でシャープ感がある画像を得ることができる。


新開発画像処理エンジン「TRUEII」搭載
DP1に搭載したX3ダイレクトイメージセンサー専用の画像処理エンジン「TRUE(Three-layer Responsive Ultimate Engine)」をさらに進化・発展させた「TRUEII」を開発。ダイレクトイメージセンサーの画像生成メカニズムを知り尽くしたシグマの、独自のアルゴリズムによって、ダイレクトイメージセンサー独特の精緻で立体的な描写力を最大限に活かしながら、画像処理時間と、カメラ内画像処理の最適化に成功。 センサーが取り込んだピュアでリッチな光信号を最適化し、記録する事に力を注いできたシグマが、一眼レフの開発を通じて追求してきた「最高画質」をDPシリーズという、コンパクトでユニークな存在感をもつカメラでも完全に再現する為に、より洗練させた「TRUEII」は、高性能レンズと画期的なX3ダイレクトイメージセンサーが運んできた豊かな光信号を情感豊かな画像に仕上げる重要な役割を担う。

※サンプル画像

超高性能レンズ24.2mm F2.8搭載
センサーの能力を最大限に引き出す為に専用に開発された、35mm換算41mm相当の画角を持つ24.2mm F2.8レンズを搭載。 一眼レフ用交換レンズに使用するレベルの高屈折ガラスやグラスモールド非球面レンズを採用。 画面中心から周辺まで高い解像力とコントラストを維持し、また美しいボケ味が出るように設計。 スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレアー・ゴーストの発生を軽減、逆光や反逆光の厳しい条件でも安心して使用可能。 大型イメージセンサーを採用している事により、被写界深度が浅く、近距離や解放絞りでの撮影において、一眼レフカメラのような自然なボケ味を楽しむことができる。

RAWデータ記録方式採用
DP1 は、ダイレクトイメージセンサーで捉えた光の情報をそのまま記録する、RAW データ記録方式と撮影したデータの利便性を向上させるJPEG を採用。RAW データは、データが劣化しないロスレス圧縮方式を採用し、コンパクトなファイルサイズを実現。DP1 は、輝度情報と色情報を1:1 の形式で取り込んでいるため、RAW データには、補間に頼らずに輝度情報と色情報が1:1 で記録。このRAW データをSIGMA Photo Pro で現像処理をする事により、他にはない自然なバランスを持った画像を手に入れることが可能。

RAW 現像ソフトウェアSIGMA Photo Pro(付属)による現像
SIGMA DP2sはカメラのパフォーマンスを極端に落とすこと無く、センサーがとらえた全ての画像信号を記録できるX3Fモード(Rawファイル形式)を備える。使用者の目と手で写真表現を完成させたいのであれば、このX3Fファイルを専用の画像処理ソフトウェアSigma Photo Proで最適な写真に仕上げることができる。 Rawデータ現像と聞いて「敷居が高く、高度な知識と技術を必要とするもの」という印象があるが、Sigma Photo Proは、アーティスティックな写真を仕上げる為に本当に必要な機能だけを厳選し、数あるRaw現像ソフトウェアの中でも最高水準と言えるほど、わかりやすく直感的なインターフェースに集約。 初めてRaw現像に挑戦する方でも簡単に写真を仕上げることができるように工夫されている。 パレットには露出、コントラスト、シャープネスなどの7つのパラメータと、新たに加わったノイズリダクションの2つのパラメータがあり、また色を調整するカラーホイールも含め直感的な操作で調整をする事ができる。調整によりリアルタイムに画像が変化するので、撮影時の心象風景に思いを馳せながら理想的な写真に仕上げることが可能。

携帯性に優れた軽量・コンパクトボディ
幅113.3mm× 高さ59.5mm×奥行50.3mm 、重さ240g の小型・軽量化を実現。スナップ撮影に便利な両吊りストラップを採用し、撮影の機動性を高めた。携帯性に優れたボディは、撮影の楽しみを拡げる。

マニュアルでのピント合わせが可能
オートフォーカスが苦手な被写体やフォーカスロックが行えない場合にマニュアルフォーカス撮影が可能。ピント調整時に選択したフォーカスフレームの範囲を拡大表示することもでき、マニュアルフォーカスが容易に行える。

大型2.5型TFT 液晶モニタ搭載
2.5 型23 万画素の大型TFT 液晶モニタを搭載。表示視野率100 %を実現し、構図の確認が容易に行える。

ホットシュー標準装備
カメラ上部にホットシューを装備。別売りのDP1 専用フラッシュEF-140 DG やSD シリー ズ用フラッシュEF-500 DG 、EF-530 DG 、高性能専用ビューファインダーVF-11 の装着が可能。
※EF-500 DG 、EF-530 DG は、マニュアル発光での使用のみ。


専用レンズフードの装着が可能
撮影画像に影響を与える有害光を効果的にカットする専用フードの装着が可能。
※フードは別売り。


DP1、DP2との違い
DP1は35mm換算で28mm F4相当の広角レンズを搭載。DP2は35mm換算で41mm F2.8相当の標準レンズを搭載したカメラ。 DP2からの変更点は、(1)AFスピードの高速化(2)パワーセーブモードの新設(3)背面デザイン変更により操作系の視認性向上。



◆デジタル一眼レフに採用されている20.7mm×13.8mmの大型センサーを搭載。◆大口径24.2mm F2.8レンズ(35mm判カメラ換算41mm相当の画角)を搭載。◆撮影時に使用頻度の高い項目を集めたクイックセットメニュー。クイックセット(QS)ボタンを押すことで簡単に呼び出すことができます /

SIGMA DP2s


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tokyo.s8.coreserver.jp/mt/mt-tb.cgi/167

コメントする

カテゴリ